disk1 実技編

  • 春のフローチャート
  • 五月病フローチャート

☆季節ごとのフローチャートをわかりやすく解説。その季節の問題や治療の目的などが明確になる
☆冬から春にかけて○○や○○○に関連した内臓に問題が起こる
☆骨盤が動かないと背骨や硬膜も動かないので○○○○○○テクニックを行うと動きやすくなる
☆「五月病」の原因は○○にある
☆五月病では欝の症状が強くなるので○○○○の手技を中心にフローチャートを組み立てる


 

disk2 実技編

  • 梅雨のフローチャート
  • 夏のフローチャート

  • 長雨のフローチャート

☆低気圧が続くと身体が膨張し、○○○系に負担がかかる。
 ○・○○・○○を中心にフローチャートを組み立てる
☆体力が落ちて夏バテの時には○○の問題が出る
☆○○問題は1年通して診ると良い
☆夏から続く秋の○○問題が取れないまま冬を迎えると冬の早い時期に風邪になることが多い


 

disk3 実技編

  • 秋のフローチャート
  • 冬のフローチャート
  • 脳の左右でバランスが悪い場合
  • 頭頂骨の固着が強い場合

☆秋は1年で最も○○○○が多い時期(寝違え、背中の痛み)
☆冬の中でも○○○○○を考えながら治療を組み立てる
☆骨盤メジャーを出すために、○○・○○○を柔らかくするイメージでフローチャートを組み立てる
☆○○○の相反が強いと、○○○の変位が強い→骨盤の歪みが強いサイン


 

disk4 実技編+理論編

  • 頭頂骨.左側の固着が強い場合

  • phase18(ブロックのやり方、筋力テスト)
  • phase18の解説

 

☆phsase18の人の場合、○○や○○のリスティングが一致していないことが多い
☆ブロックを行うと体重で骨盤が矯正され、○○○の問題がとれたり○が動きやすくなったりする
☆必ず○○○○の条件を一致させてからディストーションの作用に入る必要がある
☆phase18の状態、条件、施術工程について詳しく解説。Phase18を出す目的が理解できる。